Boston Scientific: 事業部門と IT 部門のギャップを埋める


Boston Scientific は世界中で医療機器の開発、製造、およびマーケティングに携わっています。 同社は、「革新的な治療法により患者さんの人生を実り多いものとすること」をミッションとしています。

ビデオ 1 では、ビジネスインテリジェンス部門のシニアマネージャーである Rory Abbazio 氏が、IT 部門と事業部門がどのようにパートナーとなり、セールスパターンを評価して市場での機会をつかんでいるかを説明します。 Tableau の導入を成功させるため、同社では導入に時間をかけ、「大きな構想を小さく始める」ことにしました。重要なアナリストにトレーニングを実施し、各事業部門に配置したのです。

ビデオ 2 では、Rory 氏が SAP HANA をライブ接続で使用して Tableau でデータを分析する方法について説明します。 接続が高速であるため、ビジネスユーザーとエグゼクティブはその場で賢明な決定を下すことができます。


Tableau: Tableau 導入後、事業部門と IT 部門との協力関係はさらに深まりましたか?
Rory Abazzio 氏、BI 部門シニアマネージャー 事業部門がこちらに来るのを待つ代わりに、IT 部門が率先して行動したことが、Boston Scientific にとって大きな要素であり、成功の原因になっていると思います。 こちらから事業部門に出向いて、「業界トップのこのツールは、そちらの用途にもこのようにフィットすると思います。そちらの使用事例を使ってちょっと試してみませんか」と言ったわけです。

そして、Tableau を使った意思決定プロセスに足並みがそろって行きました。 このように、事業部門はツールの導入をとても喜び、全体的に見て IT 部門との協力関係にも非常に満足してくれました。

私たちとしても事業部門の力になりたかったのです。 そして、実際にそうすることができています。

Tableau: Tableau の導入を成功させた秘訣は何でしたか?
Rory: 導入にはウォーターフォール型のアプローチではなくアジャイルなアプローチを採用し、一度にすべてを変えるのではなく、1 つの機能を追加することから始めました。

大規模なウォーターフォール型アプローチではなく、大きな構想を持ちつつも小さな規模で始めたのです。 チームの中核メンバーと、事業部門からの数人にも、Fundamentals と Advanced のトレーニングを受けてもらいました。営業が今後のコンテンツを作成するわけですから。

チームを構成するにあたっては、IT 部門内のアナリストたちが、各部門のパートナーともなる方法を採用しました。 こうすることで、アナリストたちが各部門について、どのような部門なのか、何を目指しているのか、どのようなデータの問題に直面しているのかを理解できます。 アナリストたちは Tableau についてもよく知っています。 こうして、彼らが事業部門に組み込まれたわけです。 そして、事業部門に対しては、「そう、グループ設定はこうするんですよ、階層はこうするんです、計算はこうするんです」と、簡単なことから始めていきました。

IT 部門のおかげで成功への道を拓けました。今では、Tableau を使ってデータを最大限に活用できるようになった、と感じています。

Tableau: 事業部門と IT 部門はどのようにお互いを支援していますか?
Rory: IT が体制を整え技術を押し付けるだけでなく、事業部門と IT 部門がパートナーとして連携できることを見せてくれたのと同じくらいに、私たちも頑張りました。 「どうすれば協力してこのことに取り組めるでしょうか? 各部門で皆さんが成功するために、どのようにして全社的な視点で動くことができるでしょうか」ということを伝えたかったのです。

IT 部門のおかげで、成功への道を拓けました。 今では、Tableau を使って現時点のデータを最大限に活用できるようになった、と感じています。

Tableau: 次の一歩としてどのようなことをお考えですか?
Rory: 他の部門への働きかけを始めています。 先ほども述べた通り、その他の隣接する部門についてはまだ始まりにすぎません。 各部門に 1 人が素晴らしいビジュアライゼーションやワークブックを作り始めているという点で、組織全体に普及していると言えます。

IT 部門に Tableau が好まれる理由について、こちらもお読みください。

SAP HANA 併用時の「驚異的パフォーマンス」

Tableau: どのようなニーズがあったのですか? Tableau でどのようにニーズが満たされましたか?
Rory: 3 つの「センターオブエクセレンス」があります。 つまり、BI レポーティング、オペレーションレポーティング、および価格設定です。

Tableau を使うことに決めた理由は、Power Play から Business Objects に移行した際に Business Objects にはなかった使用事例の多くが Tableau で提供されていたためです。

Tableau: Tableau によって、Business Objects にはなかったどのような機能が実現していますか?
Rory: 主に欠けていたのはアドホック分析でした。 ダッシュボード機能は、特にビジュアライゼーションで、Tableau によって実現した重要な機能の 1 つです。それと、データからパターンを見つけられることですね。

VP が質問してきたとしても、その場で直接詳しく答えられるわけです。 特にプレゼンテーションについては、実に直感的で使いやすいものになっています。

Tableau: Tableau 内ではデータにどのように接続しているのですか?
Rory: Tableau のメインデータベースとして SAP HANA を活用しています。 他の会社のほとんどがデータ抽出を使っている一方で、私たちはライブ接続を使っています。 何よりも素晴らしいと思うのは、このツールが発揮するパフォーマンスです。 米国の内外を問わず、Server と Desktop を使用して驚異的なパフォーマンスが得られています。

私たちは Salesforce を利用しています。 そして、同時に HANA での業務も最大限に活用し、HANA のビューを最適化し、バックエンドに HANA の新しいビューも作成しています。 簡単にまとめてしまえば、そのようにしてここまでの成功を収めてきました。

Tableau: ユーザーはどのようにしてデータを扱うのですか?
Rory: ビジネスユーザーが行動するためのサービス、つまり今あるデータをもとに意思決定を行うためのサービスを提供することが目標でした。

私たちは分析の活用を定着させようとしています。 Excel レポートや PowerPoint を使用する代わりに、四半期ビジネスレビューのストーリーが使われるようになってきました。VP の質問に対してその場で直接詳しく答えられるため、これは大きな意味のある変化です。 特にプレゼンテーションについては、実に直感的で使いやすいものになっています。

Tableau: 社内でどれほどの人が Tableau を利用するようになっていますか?
Rory: 現時点で 245 人の Desktop ユーザーと、約 1500 人の Server ユーザーがいます。 文字通り始まったばかりです。実際、Tableau の使用を始めてからわずか 4 カ月ですから。 1 部門への導入が完了したところで、これはまだ周辺的な介入にすぎません。