ホワイトペーパー

ホワイトペーパー - Tableau と S/4HANA による分析

このホワイトペーパーの目的は、Tableau と SAP の S/4HANA 製品の統合について説明するとともに、Tableau と S/4HANA を同時に使用した分析エクスペリエンスの最適化に役立つ情報を提供することです。

S/4HANA および ERP での分析に関する考慮事項

SAP は、同社のレガシーの ERP アプリケーションのサポートを 2027 年に終了することを発表しました。このため、ユーザーは同社の統合 ERP システムである S/4HANA への移行が必要となります。同社は、SAP R/3 および SAP ERP の後継である SAP S/4HANA を、インメモリデータベースである SAP HANA 上で稼働するインテリジェントな統合 ERP システムとして説明しています。S/4HANA の重要な機能は、トランザクションと分析を同じデータベースでサポートできることです。

ただし、分析とトランザクションの両方をサポートする機能は一定の代償も伴っています。SAP は埋め込み分析を、ファクト主導のプロセス処理のサポート、およびトランザクション内の埋め込みの意思決定のサポートのみに使用することを推奨しています。つまり、S/4HANA で分析処理を直接行うことは、トランザクションワークフローをサポートする場合のみにするべきです。

Tableau および S/4HANA に最適なソリューションを見つける

Tableau では、データがどこに保存されていても、お客様が自社データにアクセスできるようにすることを重視しています。Tableau のお客様の多くは SAP に投資しているため、Tableau は引き続き SAP と緊密に連携して、両社の製品の接続性や統合性が両社のお客様のニーズを満たせるように取り組んでいます。

お客様は Tableau を使用して、対象とするダッシュボードやレポートを作成し、SAP が S/4HANA 向けに事前に提供した分析コンテンツを強化することができます。分析とデータディスカバリを実行するとともに S/4HANA のスムーズな運用を確保するためには、S/4HANA から別のレポート環境にデータをレプリケーションする必要があります。

このプロセスには、コスト、データベースのサイズ、会社の基準などによっていくつかのアプローチがあります。このホワイトペーパーでは、次の内容について説明します。

  • BW/4HANA エンタープライズデータウェアハウスを S/4HANA に統合し、Tableau の HANA コネクタを使用して SAP HANA の計算ビューを使用する
  • 別の HANA データベースにデータをレプリケーションして対象の運用レポート要件に対応する
  • Tableau Hyper 抽出を作成して SAP からの運用データを分析する
  • サードパーティーのデータベースシステム (Snowflake、Amazon Redshift、Google BigQuery など) を活用する
  • その他の考慮事項 (ライセンスを含む)

ホワイトペーパーをダウンロードして引き続きお読みください。

続きを読む...